若者がニュースに無関心なのは、自分には無関係だと思っていることが原因

若者がニュースに無関心なのは、自分には無関係だと思っていることが原因

若者がニュースに無関心なのは、自分には無関係だと思っていることが原因

2018年10月14日、自衛隊のヘリや戦闘機が埼玉上空を飛んでいた。

戦闘機は物凄いスピードと轟音、低空飛行(ビルで言うと30階付近を飛んでいるように見えた)でとても恐怖を覚えました。自分の目で見たのは初めてだったので、戦争でも起こるのか?!とすごく不安に思いました。

みなさんは自分の目で戦闘機が飛んでいる現場を見たことがありますか?

沖縄にある普天間基地。移設の問題でよくニュースになっています。

以前までは「あ~そんなニュースあるな」くらいにしか思っていませんでした。でも、自分が住んでいる地域の上空を戦闘機が飛び交っていることを想像すると、正直怖いしやめて欲しいと感じます。

いざ、自分の目で、耳で、戦闘機を見たとき、普天間基地問題について考えさせられる良い機会になりました。

私はニュース等に、これまでほとんど関心がありませんでした。

こうやって大人になるにつれ、自分の住んでいる日本の歴史や将来が気になり始めてきたのかもしれません。

ニュースってなんか他人事で、俺には全く関係ないから知らなくていいやと思いがちです。

でも今回のように戦闘機を間近で見るなど自分の目で見ることで、興味がわいてくることがあります。

やりたいけど興味がない事があれば、自分の目で見てみることをオススメしますよ!

ニュースは大事といくら口で言われても、はいはい位にしか思えませんが、自分が住んでいる日本がどうなっていくのかがかかっている大事な情報です。無関心にならず、ちょっとでも興味をもつように努力するようにしましょう。

戦後70年経った今でも残る敗戦の爪痕

私「最近、戦闘機がよく飛んでいますよね」

上司「オスプレイが横田基地に配備されるらしいからね。ニュース見てない?そんなのもしらないの?笑」

この間、上司に嫌味ったらしく言われ、馬鹿にされました笑

ニュースって、うちにテレビ無いし、俺がいつも見てるスマートニュースに載ってなかったわ!!そんなん知るか!!

情報弱者なんだなとつくづく実感しつつ、上司の言い方に凹んだ瞬間でした。笑

ということで、アメリカ軍のオスプレイが2基、横田基地に配備されるそうな。今後は10基に増やす計画だそうです。

第二次世界大戦、アメリカに敗戦してから約70年。アメリカに日本の敷地を軍事用として使わせたり、オスプレイが知らぬ間に配備されたり。戦争に敗戦した影響が、まだこんなにも色濃く残っているんです。

アメリカ>日本、この構図がまだあると考えると、戦争に勝つというのは物凄い権利、権力を得られるのだなと思いました。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あかべこ

人生観カテゴリの最新記事