機嫌で仕事をする、私の上司が面倒くさい!

機嫌で仕事をする、私の上司が面倒くさい!

機嫌によって態度や言われることが全く違う!

みなさんの職場には機嫌で仕事をする上司はいませんか?

話しかけたタイミングによって全く反応が違ったり、その日ごとに言われることが機嫌でコロコロ変わったり。

この前、書類の決裁を貰いに上司に持って行ったとき、「なんだこれ?これだけの資料じゃ全然分からないな。もっと資料持って来いよ。どういうものを作るのか、どういう全体構成なのかとかさぁ」ちょっとキレ気味、呆れ気味でこのように言われ、説明用に資料をつくったり、資料をかき集めたりしました。上司と予定が合わないこともあり(お互いに予定があるので)、次に決裁をお願いしに行けたのが2週間後でした。

(※決裁=上司に承認してもらう行為のことです。上司がこれで良いと言ったら、決裁完了です。)

その時には、

上司「あぁ~これか。他の部署も全部OKって言ってんのか?」

私「はい。全ての部署から問題ないと言われています。」

上司「まぁならいいや。俺はよくわからないけど、他が良いって言ってんなら」

このように、2回目に持って行った際にはすんなりとOKが出ました。2回目に持って行ったときはすごく機嫌が良い日だったんですね。

これだけだと伝わらないかもしれませんが、機嫌で仕事をする相当面倒な人です。私の上司は機嫌が悪い時に話しかけるとキレます。理不尽な面倒くさい世の中ですね笑

私の上司よ。指摘することがあるなら、1回で言え!

さて、面倒くさいこの上司の話は続きます。

結論から言いますと、小出しに注意してくるんじゃなくて最初から全部言えや!ってことです笑

先ほど記載しましたが、上司が忙しいのはもちろん、私にも予定があります。なかなか予定が合いません。そんな中で、上司に承認を貰う必要がある書類がありました。決裁を貰わなければいけない期限は1週間後。

  • 期限まで5日前

上司「これどうなってんの?」

私「すみません、分からないので調べてきます。」

  • 期限まで1日前

私「先日質問いただいた件で、○○の理由でこうなっていました。」

上司「ふーん。・・・(再度書類をチェックし始める)・・・ここはさ、これで良いの?ちょっと確認してこいよ」

私「すみません、確認してきます。」

上司「次もってきても承認するかは分からないからな。期限無いし。そしたら中止だな。」

  • 期限までマイナス1日

私「この前の件、確認して問題がないことを確認できました。」

上司「あぁそうか。分かった。」

 

問題や質問を小出しにされてなかなか決裁が取れないという状況です。

こちらも忙しく、いつまでもその書類に構っている暇は無いのに、決裁を貰うだけで物凄い時間と労力が取られてしまいます。

こんな上司が多いから、日本社会はいつまでも変わらなんだな

仕事が忙しくない昔の時代ならこれで通っていたかもしれませんが、今は社員数が少なく、かつ仕事量も増加しています。そんなときに古いやり方を同じようにやられたら大変なのは目に見えています。全てにおいて完璧を目指していたら、逆に事故が起こってしまうリスクが高いのです。

もちろん、仕事で大切な本質の部分からズレていたらひたすら議論する必要があります。書類も修正する必要があることも分かります。

ただ、上司の機嫌だけで何度も何度もお互いの時間を無駄に費やして、決裁を受ける。ウチの会社はいつまでこんな古い日本風のやり方をやってるんだろう・・・こんな古くからの上司が多いから時代の変化に付いていくことが出来ていないんでしょうね。時代は進んでいるのに、昔ながらの上司は自分の仕事のやり方を変えようとはしない。頭が凝り固まっている。

ぐちぐち言っても上司が変わるわけではないので、ひたすら耐えて自分の仕事をやっていくしかないですね。面倒な上司は極力相手にしないような仕事のやり方で!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あかべこ

仕事論カテゴリの最新記事