名曲。脱社畜サロン!今すぐ入会!を作ったあかべこにインタビューしてみた!

名曲。脱社畜サロン!今すぐ入会!を作ったあかべこにインタビューしてみた!

名曲。脱社畜サロン!今すぐ入会!を作ったあかべこにインタビューしてみた!

記者Sさん
今回作られた曲すごくよかったです。今のお気持ちをお聞かせください。
あかべこ
ありがとうございます。今回は脱社畜という永遠のテーマを意識して曲を書きました。
記者Sさん
脱社畜、最近ブラック企業の話題が多いですもんね。日本政府も働き方改革を謳っておりますし。
あかべこ
そうですね。いくら日本政府が働き方改革と言っても、企業で働く末端の社員はブラック労働をしているんです。
記者Sさん
具体的にどんな状況なんですか?
あかべこ
私の会社では社外的には良いことを言っていますが、実情は違います。サビ残もありますし、月45時間以上の残業は認められていない、にも関わらず仕事量は増える一方。
あかべこ
効率化しようとしない、仕事を減らそうともしない。会社は社員を想って…と言っていますが、きれいごと言ってないで、社内をよく見てみろ!と言いたいですね。
記者Sさん
それは大切ですね。
あかべこ
はい。下請けの下請けなど末端の会社はもっと大変です。毎月の休みは2~3日、家には月に1度帰ることが出来るかどうか、といった感じらしいです。
記者Sさん
それはひどいですね…
あかべこ
ひどいですよね。ガムシャラに働くのも良いかもしれませんが、今の現状に疑問を持ち、出来ることなら社畜を抜け出すという行動に移して欲しい。この曲にはそんな想いも込めました。
記者Sさん
素晴らしいと思います。最後に言いたいことはありますか?
あかべこ
曲中の歌詞にも出てきますが、イケダハヤト先生が運営している脱社畜サロンというものがあります。ぜひ、みなさんも入会して脱社畜を目指してください!ブラック労働が日本から無くなりますように。ありがとうございました。
記者Sさん
ありがとうございました。みなさんもぜひ、脱社畜サロン!今すぐ入会!を聞いてみてください!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あかべこ

音楽カテゴリの最新記事