お金は大事にするけど、時間は大事にしないのはなぜ?

お金は大事にするけど、時間は大事にしないのはなぜ?

お金は大事にするけど、時間は大事にしないのはなぜ?

多くの人は時間よりも、お金を大事に節約しています。

その理由は目先のお金にしか目がいっていないから。お金が無ければ生活は出来ない。お金があればなんでも買える。時間はいくらでもある。若ければ若いほど、このように考える人が多いことでしょう。

時間はあるけど、お金がない。こんな状況では生活していけないですよね。確かにお金は大切です。でも、もしもあなたの余命が1年だったらどう思いますか?こうなってもまだ、必要以上の多くのお金が欲しいと思いますか?

最低限生活出来れば、お金はそこそこあれば良いのです。

天国に行った時、お金は持っていけません。

お金がないからやりたいことが出来ていない、そんなあなた。人生は1度きり、やりたいことをやらないなんてもったいなさすぎます。

人生で一番大切なものは時間

命が終われば、あなたという存在はいなくなります。一瞬にして、すべてがなくなります。ずっとやりたいと思っていたことも、永遠に出来ない、チャレンジすらさせてもらえなくなってしまいます。

人生で一番大切なのは時間である。普段の生活を送っていると、どうしても忘れがちですが、時間が大切なのは紛れもない事実です。

私もそうですが、仕事をしていると特に忘れがちになります。残業代が欲しいから多めに残業しようといった行為は、自分の寿命を売って、お金を得ていることと同じ。

寿命を売っているんですよ。もっとも大切な寿命を。

もし、仕事が好きでなければ、貴重な人生の時間を嫌な事に売っていることになります。最悪です。

人生の残り時間を考えたことはありますか?

元気に動ける、自分のやりたいことができる時間だけをみると約13年ほどです。(睡眠時間、仕事の時間を除いた数字です。)

たった13年しか、あなたがやりたいことをできる時間はないのです。

子供がいたらもっと少なくなるでしょう。

いかがでしょうか。いかに時間が大切かお分かりいただけたのではないかと思います。

時間は誰にも平等に与えられたものである。最大限に効率をあげて使うこと!

1日24時間という時間こそ、人々に平等に与えられたものです。

時間の使い方も自由。大人になれば、誰からも指図されることなく、自分の好きなように時間を使うことが出来ます。

1日中寝ているのも、1日中テレビをしているのも、1日中スマホゲームをして過ごすことも出来ます。

与えられた時間をどう使うかで、人生は成功者と凡人に分かれています。

時間を無駄にせず、平等に与えられた時間を効率的に使い、やりたいことをやっていきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あかべこ

人生観カテゴリの最新記事