努力の天才マイケル・ジョーダンに学ぶ成功哲学

努力の天才マイケル・ジョーダンに学ぶ成功哲学

マイケル・ジョーダンは努力の人

NBAでプロバスケットボーラーとして活躍したマイケル・ジョーダン。一方で、高校時代までは代表にすら選ばれたことのない、無名の選手でした。そう、マイケル・ジョーダンは努力の人なのです。

輝かしい成績とは裏腹に、学生時代は挫折の連続で並々ならぬ努力をしていたことを皆さんはご存知ですか?

人は成功者の上辺だけを見て羨ましがりますが、努力してきた軌跡を見たりすることはあまりしません。なぜ人は、努力しても自分には出来ないと思ってしまうのでしょうか。なぜ、継続した努力を途中で投げ出してしまうのでしょうか。

それは恐らく、近くに成功者がいなかったからだと思います。今回はジョーダンの名言とともに成功哲学を学んでいきましょう。

地味な努力。無意味に見えることを頑張ってやれるか

成功者の多くは地道に地道に、毎日コツコツと努力しています。ジョーダンもその一人。

ジョーダンは周りにプロを目指していることを言っていたら、「お前がプロになりたい?笑わせんなよ。お前がプロになれるんならみんなプロなれるわ!」と笑われていたことでしょう。その裏で陰ながら毎日努力していたのです。

自分を信じることしか出来ない環境で、あなたは毎日コツコツとめげずに努力を続けることが出来ますか?

努力は一人でやるもの。表舞台に立つことはない、とても地味なものです。そして、「こんなことをいつまでもやっていて本当にいいのか?」と自分を疑ってしまうこともあるでしょう。基礎を固める練習を継続することは、どんな分野においても本当に重要です。無意味に見えることを頑張って継続してやってみる。そうすることで成功への糸口を必ずつかむことができます。

絶え間ない努力の先に成功があることを、多くの人は知らない

成功は、追い求めるものじゃない。成功に向かって絶え間ない努力をしなけばならない。そうすれば、成功は思いがけない時にやって来る。それをほとんどの人が理解していないんだ。

目標を達成するには、全力で取り組む以外に方法はない。そこに近道はない。

マイケル・ジョーダン

このようにジョーダンは、日々の絶え間ない努力が重要であることと共に、ほとんどの人が努力の先に成功があることを理解していないと言っています。
上手くいかない毎日でも、ポジティブに考え、地道に努力できるか。そこが成功か失敗かの分かれ道です。
成功への近道は、日々全力で努力すること。それ以外にはないのです。

みなさんも、いま目の前のことに全力で取り組むこと。決して疑わず、挫けず、腐らず、頑張っていきましょう。

私もそうですが、人間は常に現状に疑問を抱き、「このままで良いのか?」と悩んでしまうものです。1度決めたことは迷わずに最後までやり切りましょう。きっとその先に新しい景色が広がっているはずです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あかべこ

人生観カテゴリの最新記事